かぜ・そら・とりのブログ

気ままに、のんびり。

マロン

夫婦してモノに愛称をつけがちだ。それなりに愛着を持って接しているとも言えるが、ただの癖。

 

昔、私の職場に給茶器が2台、西側と東側にそれぞれ置かれていた。一緒にお弁当を食べていた友人と「キューちゃん」「チャッキー」と命名し、ボタンを押して、お茶を入れていただいていた。

そもそもキューちゃんとチャッキーが配属されるまでは、昼食どきになると女子社員が、周りの人の分のお茶を入れていた。そんな時代だった。

 

5年ほど前、災害などで停電が発生した時のリスク回避策の一環で、電気を使わないですむ石油ストーブを買った。リビングに置くと対流式の形はノスタルジックで可愛いのだが、灯油を18Lのポリタンクから一旦小さめの器にとって、リビングに持ち込まなくてはならない。白いプラスチックのオイルジョッキは買ってきたその日に黒マジックで両目が書き加えられ「ジョッキー」と命名された。

ジョッキーは帽子の部分から灯油を入れられてリビングに運ばれ、30cmほどの鼻の先をストーブの給油口に突っ込んで灯油を流し込むのが仕事だ。

前出の友人から「ジョッキー?30年経っているのに、チャッキーの時と命名の思考回路が同じね」と笑われた。

 

このたび、夫が購入した中古車は夫により「マロン」と名付けられた。

マロンは、とある若い夫婦の家で可愛がられていた小さなウサギの名前だ。やがて夫婦には赤ちゃんができた。しばらく会わなかったのだが、あるときばったり旦那さんと顔を合わせたので、「マロンは元気?」と尋ねた(さすがにウサギより先に人間の赤ちゃんのことを話題にしたとは思うが記憶にはない)。

返事はショッキングなものだった。赤ちゃんが生まれたので、マロンは近くの小学校にもらわれたと。あのか弱い小さなマロンが、ふわふわの毛をまとい、何不自由なく愛されてきた、あのマロンが!荒くれ者、やさぐれ者がたむろする吹きざらしのウサギ小屋に放り込まれたなんて!

その後、何年も経ってからだが、この夫婦が離婚したと風の噂に聞いた。

 

さて、なぜうちの車が悲劇のウサギ、マロンの名を冠するようになったのか。

クルマ屋さんによると、車マロンは前のオーナーさんから、ちゃんとガレージにいれてもらい、たいそう大事に扱われていた「箱入り車」だったらしい。それが、我が家に来た途端、野ざらしざらし、更には情け容赦なく鳥さんのフンにみまわれる厳しい環境にさらされることとなった。

夫は新しくきた愛車の境遇をウサギのマロンの身の上に重ねたのだろう(わたしが話したウサギの話を夫が覚えていたことは驚きだが)。

だが、もしかしたら、夫にとってウサギのマロンは「厳しい環境でもたくましく生き抜き、仲間たちに囲まれて幸せな一生を送る、愛と希望の物語」のイメージなのかもしれない。

 

または、マロンの悲劇を繰り返さないために「カーポートつけようよ~」という私への無言の圧力か・・・。

 

ともかく由来はどうであれ、マロンとの安全で楽しいカーライフをお願いしたい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

59才会社員なう。

定年まであと1周ちょっととなった。

この1ヶ月の間にいろんな方々のブログを拝見して、初めて「セミリタイヤ」「アーリーリタイヤ」「FIRE」という言葉を知り、そんな生き方の選択があるんだなあ!と、ハタと立ち止まった。

 

来年度、60歳になると一応の区切りである「定年退職」はある。が、翌日から再雇用制度に乗っかって、体力が続けば65歳の誕生月まで働くことを基本路線と思ってきた(あくまでも会社のニーズとマッチすれば、だが)。

会社が雇ってくれるなら、どうせ何をやりたい訳ではないし、運動がてら会社にでて「社会」と繋がる、日々のちょっとした緊張感や気遣いもボケ防止、税金を払うのも社会のためだ、と普通に思ってきた。何より全く苦ではない。

嘱託契約となってお給料ががくんと下がろうが、子どもがいないから、孫のお小遣いや残してあげる財産だって考えなくていい。それにモチベーションアップはお手の物、それなりに会社が求める成果を出すシニア社畜としてほどほどに評価されると思う。というより、そう評価されるように、自動的に立ち回ることだろう。

 

私が明日退職しようが、既にちっとも「アーリー」ではないのだが、今のまま再雇用のレールに乗っかるかについて、神サマが「ちょっとは考えてみたら?」といくつかの「お言葉」を授けたもうたのかもしれない。

 

遅きに失している感はあるが、ゼロベースでちゃんと考えて前へ進もう。

特にここにきて「『やりたいこと』は『特になにもしないこと』です」と言っている自分もいることに気づいた。なにもしないというのは語弊がある。もっと本を読む、スズメやメダカを愛でる、近所の小山に登る、ムダに写真を撮る、夫と互いに日々の健康を喜ぶ・・・こうした事にもっとたくさんの時間を使うことがとても大切なことだと思えてきた。

 

社会に貢献していかねばという正義の味方的使命感や、モチベーションアップ、キャリアデザイン、チームビルディングなど長い会社員生活で培った何かを、これからの仕事に活かせないかしらとぼんやり思っていたのは妄想だったかしら。

 

・・・そうこうしているうちに5年経ってしまいそうだなあ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

カトリック教会の鐘の音

育った町のカトリック教会の鐘の音を思い出した。

カラーン、コロンカラーン、コロンカラーン・・と高く乾いた音色で谷あいの町によく響いた。毎日夕方6時に鳴っていたと思うが、もしかするとお昼と日曜日の朝のミサの時間にも鳴っていたのを忘れているのかもしれない。

 

毎日夕方6時の鐘は、幼かった私たち姉弟にとっては大事な鐘だった。特に日が長い夏は、時間を忘れて遊んでしまう。どんなに夢中で遊んでいようが鐘が鳴ったら家に帰るお約束だった。

一度、弟と一緒に大幅に遅れてしまい、母から玄関ドアに鍵をかけられて二人とも閉め出されてしまった。弟は玄関ドアに向かって、というか中にいる母に向かって、入れてくれと大泣きしたが、母は聞き入れず、諦めきれない弟はそのまま玄関先の階段に座って泣き続けた。私はというと、3つ年上のプライドもあり「はん、そのうち入れてくれるわい」といった不遜な態度で空腹に耐えた。

やがて弟の反省が通じたらしく私たちは夕ご飯にありついたが、85歳を過ぎた母は今も、素直で優しい弟、その反対の姉、と評価しているきらいがある。

 

小学校3年生の時の担任だった小林先生は、黒ブチ眼鏡でつやつやとした黒い髪の、小柄だが筋肉質な感じの男の人だった。小林先生は私たち生徒に何度も「尊敬する人物はシュバイツァーだ」と言っていた。そして、教会の鐘にまつわる話をした。

シュバイツァーが子どもの頃、鳥に石か何かをぶつけようとして、茂みから狙ったその時、教会の鐘がなり、鳥はそれに驚いて逃げてしまった。シュバイツァーは、神が命の尊さを教えてくれたのだと悟り、立派な医者になった。」

 

ある時、私は家の庭で花壇の花にとまろうとしているアゲハ蝶を見つけた。翅を休めた蝶にそおっと近づき、捕まえようとしたまさにその時、教会の鐘が鳴り、蝶は逃げてしまった。私はかがめていた腰を起こして教会の方を見やった。シュバイツァーのお話と一緒だ! 私は、神が命の尊さを教えてくれたのだと悟り・・・・。

・・残念ながら、ちっとも立派な人にはならなかった。

 

高校生になったあたりから、鐘の音を聞いた記憶があまりない。その時間に家に居ることがなくなったからなのか、家から閉め出される恐怖がなくなって鐘の音に注意を向けなくなったせいなのかは、わからない。

 

少なくとも数年前には、教会は建っていた。久しぶりに見たときは、赤いと思っていた屋根がくすんだ茶色に近い色に見えた。アプローチの、長い上り坂は、あっけないほど小さかった。

あの鐘は今も誰かが鳴らしているだろうか。

 

・・・先ほど調べてみたら、アルベルト・シュバイツァー(Albert Schweitzer、1875年生まれ)はノーベル賞も受賞した偉人で、かつての小学生の教科書に「原始林の聖者」などと、逸話も込みで紹介されていたらしい。

シュバイツァーが8歳の日曜日、友人と小鳥を撃ちにブドウ畑へ行った。友人がパチンコで鳥を撃ち落とそうとした時、突然教会の鐘が鳴った。その鐘の音がシュバイツァーの心を動かし、声を張り上げ小鳥を追い払った。」

 

あれ?微妙に違う。

私の記憶ってほんとうにあてにならない。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

赤いお屋根のカトリック教会

実家があった町は、カトリックの方が多い土地柄だった。今思えば、日曜日の朝には近くの教会のミサに家族で行くような敬虔な信者さんも周りに少なくなかったような気がする。古くからそこに住んでいる方々で、いくつかの苗字の家々はほとんどカトリックだった。隠れキリシタンの末裔なのかなと勝手に思ったりした。

 

その近所の教会は、横長の白い円筒の上に平べったい円錐形の赤い屋根が乗り、その上に、細い円錐形の構造物、そのてっぺんに十字架がついた可愛らしい作りだった。細い円錐の内側には鐘が吊るしてあって、中の人が天井から降りているロープを引くと鐘が鳴る仕組みのようだった。「ようだった」というのは、実際に見たことはないからだ。

 

建物の1階は私が通っていた幼稚園、外の幅広い階段から直接入った2階が教会だった。幼稚園は真ん中にホール、ホールの一番奥に舞台、ホールを取り囲むように部屋が配置されていて、左側が2年保育「年長さん」のハト組みの教室、右側に私がいた1年保育のカナリヤ組の教室があった。なぜか「年少さん」についての記憶は全くない。ヒバリとかインコとかいう名前のクラスがあったはずだとは思うが。

教会の方は、奥に祭壇があり、壁の高い所にキリストの磔刑像がかかっていた。入り口を入ってすぐに後ろを見上げると中二階があって、両側の細い階段から登って行くようになっていた。

 

中学生の頃だったか、私はキリスト教のクリスマス・イブのミサがどんなものなのか見たくて、寒い夜だったが近所の人に母から頼んでもらい連れて行ってもらった。中二階の席に座って、暖かく明るい室内のクリスマスらしい飾りや白いベールをかぶって祈る信者さんたちの並んだ背中を眺めて過ごした。子どもたちによるイエス・キリスト誕生の寸劇も演じられた。弧を描く壁にうまく反射するのか、神父様の祈りの声が心地よく且つ神聖な澄んだ歌のように響いていた。私も歌詞カードを渡されて、たぶん「いつくしみ深き」などの賛美歌を数曲、ほとんど口をぱくぱくさせているだけだったが一緒に歌った。

 

幼いころから身近で見てきたキリスト教は、近所のおばちゃんやお姉ちゃん、ガキ大将の普通の「暮らし」だったが、このあと読んだ三浦綾子の「塩狩峠」「道ありき」や遠藤周作の「沈黙」は10代半ばの私にはあまりにも壮絶で重い「信仰」の姿だった。

 

幼稚園の話に戻る。幼稚園では日々みんなで声をそろえて「めでたしせいちょうみちみてるまりあしゅおんみとともに・・」と意味もわからず大合唱していた。調べたら、これは「天使祝詞」というもので「めでたし、聖寵充ち満てるマリア、主御身と共にまします。御身は女のうちにて祝せられ、・・」というお祈りであった。当時、胸の前で手を合わせ大きな声で唱えている暫しの時間、意味は分からなくとも、何かに感謝しているような漠然とした思いはあったように思う。

ホールに集まるときや遠足に出かけるときは、先生の「よーいこ、おならーび」のリズムに合わせて、ぽんぽんと手をたたいてそのまま「小さく前にならえ」を繰り返す。私はいつもすぐにおしゃべりを止めて素直に並ぶ、とても「よいこ」だった。

5歳の頃の意味不明な言葉やリズムが50年ぶりのアクセスでもよみがえるとは、なんとも不思議だ。その後も、実家を離れるまでの間、この赤いお屋根の教会のある町で見聞きしたり思ったりしたことが、私の無意識の中に何かの形で眠っていて、時々アクティベートされるのだろう。

私は今だって、バス停やレジの前にくると、ソーシャルディスタンスで大人しくお並びする、とてもよいこだ。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

手作りおやつ

昨年の春、1回目の緊急事態宣言が発出されてからというもの、ほとんど外食をしなくなり、気づけば食生活がずいぶん変わった。おうち時間が長くなって、おやつやデザートも手づくりが増えた。

 

オーブンの酷使による焼き菓子。

ヘビーローテーション1位はバスク風チーズケーキ。混ぜて焼くだけ。すごく美味しい。最近急上昇はフロランタン。意外と簡単。大好きなナッツとキャラメル味に泣けてくる。タルト類は、タルト台にアーモンドクリームとかレモンカートとかを入れて焼いたものが好き。バナナケーキは、適当に応用し、小麦粉の半分をオートミールにして、干しプルーンをそのまま沈めて焼いたり。オートミールと言えばナッツと混ぜて焼いたグラノラも何度作っただろう。タルト作りで余った卵白を使ったラングドシャや、小さなカップケーキ型で焼いたニンジンのマフィンはこの頃登場した新顔だ。これらを冷凍して毎日少しずつ食べる。どれも、アバウトな私のなんちゃって製法だが、ささやかな口福を味わうことはできる。

 

ヨーグルトメーカーによる健康系。

会社の人にヨーグルトメーカーがなかなか良いと聞いてすぐに購入。なかなかどころかとても良い。手放せない。甘酒は繊維質至上主義につき、テキトウに玄米で製作。充分、甘くて美味しい。冬はショウガのすりおろしと牛乳を少し加えて温めて飲むのも好き。ヨーグルトは主に、内臓脂肪を減らすという雪印のガゼリ菌の飲むヨーグルトから作る。森永の宅配の飲むヨーグルトからつくると、時として、とろーりと粘度のある素敵な出来上がりになる。

 

レジスタントスターチに惹かれて、ゆで小豆。

もとより餡子が好き。砂糖を入れないで小豆を圧力鍋で15分炊いたらできるゆで小豆も、そのまますごくおいしい。レジスタントスターチというのは、腸で食物繊維のように働く「難消化性でんぷん」。便秘解消に良いらしいが、もともとお通じは良いので効果のほどはわからない。

 

夏になったら冷たい系。

アイスキャンデーの型をつかって、果物とヨーグルトにメープルシロップなどまぜて凍らせる。ヨーグルトを水切りして、はちみつをかけて食べたり、更にナッツや果物を加えて凍らせたヨーグルトバークも昨年我が家の食卓に登場した。甘酒に氷を数個入れ、さらにゆで小豆をいれても優しい甘みが美味しい。そして、なんといっても我が家の夏の風物詩は、ゆで小豆に少しだけ砂糖を加えてこしらえた餡子をかけた、冷たい白玉だんごだ。

 

白玉粉のストックがないことに気づいた。今日は6月だというのに気温が30℃を超えていた。早々と、夏がやってきた。明日、うきうきと白玉粉を買いに行こう。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

四半世紀はあっという間

今朝の在宅勤務まえのウオーキングは近所の神社までの往復。梅雨の晴れ間、玄関を出た瞬間に少し蒸し暑さを感じる。坂を下って約1.5Kmほど歩くと小さな神社に着く。以前、そこの禰宜さんだったかの話によると、周りを取り囲む楠の木がとても大きい(中には樹齢2000年クラスも)ために小さく見えているだけで、本当は社殿もそこそこかそれ以上に大きいらしい。

 

ベージュの作業服のおじさんが境内中の落ち葉を掃いて所々に集めている。竹箒の細かな筋が一定の方向に描かれているものだから、新しい足跡をつけるのが忍びなくて、ぐるりと周って参道に着いた。

朝の神社の気持ち良さは格別だ。蒸し暑さやそこに来るまでに汗ばんだ事も忘れるほど、澄んでひんやりとした空気の中、水色の袴の禰宜さんたち、赤い袴の巫女さんが静かに動き回って、朝の準備をしている。

ひと気の少ない境内のいとさやけきことかな。

 

この神社には四半世紀に一度、数日間だけお顔を拝見できるご神像が祀られている。最近では3年前の冬、夫と一緒にお参りした。

その前のご開帳の時は、お参りはしていないが、今の家に越してきたばかり。いろんなことを力任せにやっていた30歳代の前半だった。そして、そろそろセカンドライフの扉に手をかけようかという50歳代後半のいま。その次は・・・なんともう80歳代だねと顔を見合わせた。

 次のご開帳の時も一緒に元気でお参りに来ようね。

そこからまた扉を開けて、更にもう四半世紀もいっしょにいよう。

きっと、あっという間だよ。

 

神社でのんびりしすぎて、家に戻ってきたときには、在宅勤務の開始時間ぎりぎりになっていた。急いでパソコンを立ち上げ、ネットワークをつなぎながら、汗を拭いた。冷や汗も少し混じっていた。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

実は内向型だった

いつも快活、リアクションも大きく元気いっぱい、初めての人とでもよくしゃべる、わいわいと賑やかな場で大きな声で笑っている、というのが一般的な私のイメージなんじゃないかなと思う。自他ともに認める「外向的なひと」といったところ。 

この1年、コロナ禍で、外に出て回ることが激減し、人との接触も減り、お家で静かに過ごす時間が増えた。さぞステイホームは辛かろうと思ったが、ちっとも苦ではなくて、逆に心地よいということに気づいた。ストレスも激減だ。

 

なんとなく「内向型人間のすごい力」(スーザン・ケイン著)と「ハーバードの心理学講義」(ブライアン・R・リトル著)をパラパラと再読(相互に著作のことが出てくる本をたまたま選んで持っていたのも何かのご縁かしら)。載っているチェックリストでパーソナリティ特性をチェックして、結果に手を打った。おお、私は内向型だったのだ!

以前読んだ時にはあまり腑に落ちなかったのだが、パンデミックでこれまで経験したことにない状況にさらされたことで初めて、「自然な自分」を見ている感じだ。 

 

「ハーバードの心理学講義」に載っている 「ビッグファイブ」テストはパーソナリティの主要な因子、つまり「誠実性」「協調性」「情緒安定性」「開放性」「外向性」の5つの尺度をわずか10個の質問の答えではかるものなのだが、3年前にもやった私の結果メモと比べて外向性のスコアが低くなっていた。

リトル先生によると、パーソナリティは遺伝的な影響もあって、長期的にはあまり変化しないが、内側の「私たちがその時に追い求めているもの」と外側の「私たちが意識的・無意識的につくりあげている”他者から見た自己”」のイメージで構成されており、この二つの現実が交じり合う場でつくられ、修正され、再構築されるらしい。

これまで性格診断なるものをやってみて「外向的」というような結果を見るたび「やっぱりね。私ってそーだよね。」と思っていたが、そう見られたい自分、そうあるべき自分が回答していた結果だったのかもしれない。

 

さらにリトル先生によると 、内向型の人が外向型のふるまいをするなどの、普段の自分のキャラクターから外れた行動に導く「自由特性」というものがある。このような行動ができる理由のうち重要なのは「プロフェッショナリズム」と「愛情」なのだそうだ。

 かねがね「私はプロの社畜だなー」と思っていたのだが、なんとなく辻褄が合った気がして、ニヤリとしてしまった。 ケイン先生も書いているように会社のようなところでは外向的な方が好まれる。ずっと自分は外向型だと疑わず、そんなふうに振舞ってきたが、そう導いたのが内向型の私のプロフェッショナリズムだったとは。

 

リトル先生いわく「長期間にわたって本来の自分と違うキャラクターを装うと、心身に負荷がかかることがあるのです」。

なるほど、30年以上やっていると疲れるはずだ・・・。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村